マナーと人となり

マナーと人となり

時と場合によりますが、厳密なマナーなんて守らずに、普通に食べればいい、ナイフやフォークも、ただの食事の道具だと思う人もいます。ファミリーレストランや一食1000円くらいで食べられる定食屋さんで、格式高いマナーをやると、周りの人は、少し引いてしまいますし、逆に高級レストランで、数万円から数十万円の料理がでているにも、かかわらず、何も考えずに食べるというのも、周りの人に良くない態度ですし、また、シェフが作ってくれた料理を台無しにすることにもなり、お料理が無駄になってしまいます。

 

皆で楽しく、美味しく食べるためにナイフやフォークの扱い方を覚えるということだと、そう難しいことでもなく、必要な心遣いだと思えば覚える気にもなります。きちんとした席で、それなりに基本的なマナーができていれば、しっかりとした評価を受けられます。こういう所で、人となりを垣間みられますし、自分の本質が出て、それが見られるということになります。食事のマナーで判断されるというのも、少し心苦しいですが、しかし、こういうことも十分にありえます。