手軽で簡単テーブルマナー

席に案内してもらうとき

レストランで席に案内してもらい、従業員の方が椅子を引いて着席するのを手伝ってくれます。しかし、もしレストランに数人でいって、一番最初に席に案内された場合、侵しがちなミスが引かれた椅子を自分の椅子として最初に座ってしまうこと。

 

もし男性と女性のペアでレストランにいったなら、女性が先にすすみ、そのまま席に座ってもいいですが、もし自分の目上の人と一緒に食事をする場合、最初に引かれる椅子の席が主賓の席だという認識を忘れずに。それを知らずに目の前で椅子が引かれたといって自分が座りにいってはいけません。

 

まず案内されるのは、そして招待されるべきは誰か、レストランに行く前に考えればわかるはずです。上座に下っ端の自分が座ることになっては、食事会全体において気まずい思いをすることでしょう。知らぬが花、で通すことができればいいのですが、知っていて黙っている人が多いのが現実かもしれません。マナーを知らないのは怖いです。くわばらくわばら。

 

 

築地でお寿司

ナプキンの使い方の基本

ナプキンは、食事が始まる前に必ずひざの上に置く様にしましょう。主賓がいる場合はその人がナプキンをひざの上に置いたタイミングに習います。タイミングとしてはだいたい食前酒が運ばれるときくらいになります。

 

そして、ナプキンは多少のサイズの違いがあり小さいナプキンの場合はそのまま広げてもいいですが、大きなナプキンの場合は、2つ折りにするのが基本です。普段使うときはその折り目を内側、つまり体側、そして分かれている端のほうをひざ側にします。しかしポーチや小さなハンドバッグをもっている女性ではナプキンを三角に折り、その降り目側をひざ側に、そして分かれている方を体側にして、そのナプキンの間にバッグなどをはさみ、余った両側をひざの下にいれて落ちない様に固定します。

 

こうするとシルクなどすべりやすいドレスをきていても、バッグを食事中に床に落すことがありません。もしくはバッグは椅子の背中と体の間に、やや座り心地は悪いですが、挟むようにします。大きめのバッグは、椅子の左下側に置きます。

 

 

大宮 居酒屋