チップのマナー

チップのマナー

日本ではあまり意識しないチップのことですが、海外などはレストランなどのサービス業を中心にチップ文化があります。だいたい合計金額の15パーセントから20パーセントくらいですが、そのときのサービスや内容によって増減させます。

 

もし十分なサービスを受けられない場合は、チップを少なくするなど、こちらで決めることができます。ただし、日本人は日常の様々なサービスでチップを忘れがちですから気をつけましょう。ホテルで荷物をもってもらう、クロークで上着を預ける、ルームメイクしてもらう、なんでもチップをすっと渡せるようになるまで、結構時間がかかるものです。

 

クールでスマートなチップの渡し方ができるようになったら合格。とくにサービス業の人はチップが大きな収入源ですから心地よいサービスのためにチップを忘れないように。高級なレストランスタッフやホテルマンはよく訓練されているので、チップと交換に心地よい時間が手に入り、サービスもいいです。