ナイフ、フォークの持ち方

ナイフ、フォークの持ち方

基本的に、ナイフは右側、フォークは左側になります。洋食のマナーでは、食べるものをまず一口大に切ってから口に運びます。日本のように箸で持ち上げて噛みきるのはマナー違反です。その部分が見えるのがあまりキレイではないということなので、洋食では気を付けましょう。

 

またアメリカ式では、ナイフで切り分けた後に、フォークを右側に持ち替えて食べることもできます。そして、余った左手はひざの上に置きます。ヨーロッパ式では、食事中の手はいつもテーブルの上です。これはヨーロッパでは長く、手で食事をしていたことと、その手を汚さないため、テーブルの下で武器を隠し持ち、攻撃する意志はないという意思表示です。

 

やはりマナーというのはその成り立ち、文化背景が大きく影響されています。そしてナイフは口元に近づけてはいけません。もしナイフやフォークを床に落としてしまったら、自分でとらないでウェイターに拾ってもらいます。もちろんフルコースの食事のときは、ナイフとフォークは外側から使うのは常識ですよね。

 

ナイフとフォーク

 

東京ボーカルスクールのおすすめ