フルコースと簡素化したコースでのナイフ、フォーク

フルコースと簡素化したコースでのナイフ、フォーク

一般的にフルコースと呼ばれる料理を見てみると、まずは一番初めに食前酒が出てきます。そしてその後にアペタイザーと呼ばれる前菜が出てきます。その後には、ポアソンと呼ばれる魚料理が出てきます。次に第一の肉料理である、アントレが出てきて、その後に、冷菓が出てきます。そこから次にロティと言われる、第二の肉料理と、その後味をすっきりとさせるサラダが続いて出てきます。

 

そして、甘いお菓子のアントルメが出てきます。たまに、この後にフリュイという果物が出てきてから、コーヒーが出てきて、最後となります。簡素化したコースもあって、こんなに食べられないと言う人には、こっちのコースの方が人気があります。簡素化したコースでは、第一、第二の肉料理ということではなくて、初めからメインが魚か肉かということで、分かれていて、そのどちらを選ぶかと言う事になっています。

 

カジュアルレストランでは、ナイフ、フォークをお皿ごとに変えるという事もせずにいて、食べ終わると、ナイフレストにナイフとフォークを入れるようになっています。しかし、本式のフルコースでは食器をお皿ごと変えるのが普通で、これはソースが混ざらないようにするためです。

 

人気の稲毛飲み屋はこちら