サインを上手く使って心地いい食事を

サインを上手く使って心地いい食事を

マナー違反というと、大きな声を出すことですが、高級レストランで、給仕やウェイターを大声で呼びつけるというのは、やってはいけないことで、あまり見かけないことです。しかし、たまに居酒屋のように給仕やウェイターを呼ぶお客がいて、そう言う人も見かけます。

 

レストランでフルコースを食べている時は、ナイフとフォークだけで給仕さんを呼ぶことができて、わざわざ声を出さなくても、良くなっています。これは、そうしたサインさえ出しておけば、こちらのペースを崩さずに、適度な頃合いを見て次の料理を持ってきてくれます。

 

高級店にいけばいくほど、こうししたサービスも一流になるとのことなので、給仕さんはワインの減り具合から、食事の進み具合をいつもチェックしていたりします。なので、食事をしながら楽しく会話している時には、それを中断させたりすることもなく、食事終了のサインを送るだけで済ますことができます。

 

せっかくの食事ということで、そうした雰囲気もよく味わいつつ、うまくサインを出したりして、心地よく食事をできるようにしたいものです。

 

 

銀座 薬膳 鍋