ナイフ、フォークのサイン

ナイフ、フォークのサイン

ナイフとフォークを持つ時は、人差し指を背にあててもつといいでしょう。肉を切るとき、そうすると力が入ります。そして肘を開かずに、できればワキをしめてナイフ、フォークを使うといいですね。料理を切るときは、左側から切っていくのがマナーです。

 

ライスやサラダは、フォークを右に持ち替えて食べるのもOKです。フォークの背側を使うのがイギリス流、内側ですくって使うのがフランス流です。略式のマナーだと、ナイフを使わなくていい場合は、そのままナイフを使わず、置いたままにしてもいいのです。席を中座するとき、食事中のときは、ナイフとフォークをハの字型に、そして食事が終った場合は、ナイフとフォークを揃えて置きます。

 

それによってウェイターは、次の料理を運ぶタイミングを見計らいます。ナイフとフォークの置き方で、この料理を下げてくださいという意思表示になります。そして次の料理で新しいナイフとフォークを使います。食器は外側からとっていきます。