パンのマナー

パンのマナー

パン皿は、テーブルに向かって左側にあり、そのパンにつけるバターは左側の上のほうにあります。レストランでは、焼きたてのパンや各種色々なパンを用意しているのでついつい沢山欲張ってしまいそうですが、フルコースの先は長いですので、食べ過ぎないようにしましょう。

 

パンを食べ始めるのは、スープを食べ終わった辺りからです。パン皿でパンをちぎって、パン皿の上にあるバタースプレッドナイフでバターを塗っていただきますが、そのときにも当然キレイに食べる努力が必要でしょう。パンを丸ごと食べたり、歯で食べちぎるのはよくありません。これもお料理を食べるときと同じで、一口サイズにちぎって口にいれるのです。

 

ロールパンや、すでに切り分けられている柔らか目のパンは簡単ですが、フランスパンや硬めのパンはちぎるのも大変ですし、テーブルの上にパンかすが沢山落ちてしまいます。パンをお料理のソースにつけて食べてもいいですが、正式にいえば、それはマナー違反で、カジュアルなレストランでだけにしましょう。

 

 

銀座スペインバルならここ
江戸川区 ラーメン