ナイフとフォークで意思表示を

ナイフとフォークで意思表示を

肉を切るときなんかには、しっかりと力を入れて切る為に、ナイフとフォークは、人差し指を背にあてて持つといいようです。こういう風にして持ち軽くワキをしめて、ひじを開かずにナイフ、フォークを使うと、良いですね。そして、切る時には左側から料理を切るというのがマナーです。

 

ライスやサラダを食べる時は、フォークを右手に持ち替えても大丈夫です。フランス流だとフォークの内側ですくって、イギリス流だと、背側を使います。ナイフを使わなくていい略式のマナーの場合は、ナイフは使わずに、そのまま置いておいても良いようです。席を立つときは、まだ食事している時ことを表すには、ナイフとフォークをハの字型にしておきます。そして食事が終った時には、ナイフとフォークを皿の上に揃えて置いておきます。料理を下げてくださいというのもナイフとフォークの置き方で、伝えることができるので、こうしたことを見てウェイターは料理を運ぶタイミングを考えます。そして新しい料理が運ばれてくると、使う食器は外側からとって、また新しいナイフとフォークを使います。

 

飲食店 売上アップ