ナイフ、フォークで食事の流れをつくる

ナイフ、フォークで食事の流れをつくる

給仕やウェイターをいちいち大声で呼びつけるなんて、あまり高級レストランでは見かけないですね。それもそのはず、それはとてもマナー違反なことだからです。このレストランは居酒屋じゃないから、と心の中で突っ込みをいれたくなるお客ってどこにでもいますよね。

 

実はレストランでフルコースを食べている場合は、特別食事中に給仕を呼ばなくても、ナイフとフォークだけで会話できるものなのです。そのサインさえ見届ければ、お客さんのペースを崩さずに適切な頃合いを見計らって次のお料理をサーブしてくれます。高級店にいけば、そのサービスも一流になりますから、給仕さんはいつもお客さんの食事の進み具合をチェックしたり、ワインの減り具合をみているものです。

 

ですからナイフとフォークで食事中、食事終了のサインを送れば楽しい食事や会話を中断することなく、心地よい時間が流れること請け合いです。せっかくの食事ですから、その雰囲気も味わってはいかがでしょう。