食べる早さを合わせる

食べる早さを合わせる

シェフの渾身の一品を、お腹が空いているからといって飲む様に食べてしまったら、がっかりです。連れの人がいるときは、お料理の味わい、感想を述べながらゆっくり楽しむのが一つの醍醐味なのに、それでは味もなにもありません。

 

皆が楽しく、美味しく過ごせるのがレストランのマナーなら、あまりマイペースやスタンドプレーはいけませんね。周囲に調和して、早すぎず、遅すぎず、大体1時間半から2時間くらいで終了するようなペース運びだったらいいでしょう。シェフのほうも出来立てで最高な状態でお料理を供したいので、食べるペースをよく給仕さんにチェックしてもらっていて、そのペースでお料理を作り始めます。

 

フルコースですからあまりがつがつしないで、のんびりお腹を一杯にしていくようなイメージですね。お腹がすいているから、といって前半にパンを食べ過ぎたりするのはやめましょう。メインディッシュが出て来るときに、お腹がちょうど、小腹が空いている感じに持っていきましょう。