ナプキンで意思表示を

ナプキンで意思表示を

ナプキンをつかって意思表示をすることができるのですが、食事中や食事の後に、こうした事で、色々なメッセージを行います。基本的にマナー違反であることとして、食事中に中座をすることがあります。

 

そしてまだ食事中であるということを表す意思表示としては、ナプキンを椅子の背、椅子にかけておくということや、ハの字型にナイフとフォークを置いておくと、そうした事を表すことになります。食事を食べ終わり、ナプキンをテーブルの上におくというのは、早く帰りたいという意味になるとのことです。そして、食事が終わった後に、ナプキンをキレイに折り畳んで置かれることがされると、これはレストラン側としては、最もされたくないことでもあります。

 

こういう風にすると、サービスが気に入らなかった、食事が合わなかったということの意味にあたるようです。どうしても日本人は、テーブルの上をキレイに片づけてしまいがちですが、しかし、これはサービススタッフの仕事になります。

 

ナプキン一つを見てみても、色々な意味があるということで、食事の際には、よく気をつけて、間違ったメッセージを送らないように気をつけなければいけないですね。

 

/a>