ナイフ、フォークの身につけるマナー

ナイフ、フォークの身につけるマナー

日本で洋食が食べられるようになって、レストランで食事をするようになって、普通にナイフやフォークが使われるようになりました。そして、徐々にそれが日本の中にも浸透してきたのですが、学校でマナーを学ぶこともありますが、しかし、ほとんどの場合は、家庭でこうしたことのマナーを学ぶ、しつけられるということが多いですね。

 

和食、洋食とメニューを見ると、使う時の道具が違うので、どちらも使い方をきちんと覚えないといけないのですが、箸を使いこなす外国人の人なんかは、少し間違った箸の使い方やマナー違反をしていることも見られます。同席している人が、あまり不快な思いをさせないように正しいマナーをしっかりと身につけたいものです。

 

しかし、外国人で、お箸を完全に使いこなすという人もいますが、こういう人は相当の努力をしたということで、かなり高い評価を得られますね。洋食の基本は、ナイフとフォークの使い方でもあるので、正しいマナーをよく見直してみて、間違ったマナーをそのまま使っていて、見過ごされないように気をつけないといけないですね。